自転車乗りのレーシック

スポーツする人のレーシック選び

これまでに書いたような理由から、本気でスポーツ的自転車遊びを楽しむためには眼鏡はきついなぁと常々思っていました。

そんなときに出会ったのがレーシックだったわけです。
費用はちょっとかかりますが、簡単な手術で近視が改善し裸眼でものが見えるようになるならこれはステキです。

続きを読む
| Comment(1) | TrackBack(0) | 自転車乗りのレーシック

近視とサングラス

自転車に乗りながら眼鏡をかけるのは結構ツライのですが、それ専用に設計されたものであれば話は少し違ってきます。

続きを読む
| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車乗りのレーシック

コンタクトレンズと自転車

眼鏡をかけて自転車に乗るのはツライ部分もあったりするので、一時期コンタクトレンズをしていたことがあります。

続きを読む
| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車乗りのレーシック

自転車と眼鏡

スポーツ的に自転車に乗る場合、眼鏡って鬱陶しいですよね〜

僕は小さい頃から眼鏡をかけて暮らしてきたので眼鏡自体には問題ないのですが、こと自転車を楽しむということに関してはちょっとつらい思いをしてきました。

続きを読む
| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車乗りのレーシック

目をいじるなんて危険じゃないの?

「メガネは鬱陶しい!」、「裸眼で過ごせたら・・・」と思ってみたものの、目の手術ということで、”何となく怖い”という気持ちありますよねぇ。

っていうか、僕がそうです(笑)
世の中、絶対はないという思いがこの怖さの原因だと思います。

続きを読む
| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車乗りのレーシック

動かなきゃ変わらない。

現状に満足かといわれれば、そんなことはない。
チャンスがあって視力が元に戻るなら、そんな日々がこないかと時々思っていました。

今回偶然にもレーシックと出会ったこと。
これは一つの転機なのではないでしょうか?

チャンスに出会ったときに、そのまま見過ごすことも可能です。
一見その方がリスクが少なく見えるもの事実です。

でも、その代わりチャンスを失います。

手術を受けた友達は「こんなことならもっと早くやれば良かった」といいます。

この機会に動き出さなきゃ、きっと後悔する。
たぶん動かなきゃ何も変わらないし、動いたら違った世界が見えるはずです。

だから、受けることにしました。

| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車乗りのレーシック

僕とメガネとコンタクト

はじめてメガネを掛けたのは、いつだっただろうか・・・?

それまで、両目とも1.5以上をキープしていた僕の視力が1.0を割ったのは、確か中学1年の頃だったと思います。
今思えば、どう考えても勉強のしすぎですよ、これは(ウソ)
ともあれ、だんだんとぼやけてくる視界に、僕はついにメガネを掛けることとなりました。

続きを読む
| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車乗りのレーシック

自転車乗りとレーシック

レーシックの基礎を調べる

レーシック手術体験談&術後経過

レーシック後の生活

後悔しないレーシックあれこれ

その他関連情報

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。